歯科医師のための分割ポリリン酸研究会

  いきなりですが、結論から言わせてください

さて、ここまで聞いてどうでしょうか?

やらない理由はどこにもないとお気づきになられたのではないかと思います。

ここまでのお話で1ミリも興味を持てなかった先生は、これからのお話は退屈になってしまうと思いますので、そっとページを閉じていただいたほうがよろしいかもしれません。

ですが、少しでも興味を持っていただいた先生は是非ともこのWebページの内容を最後までご確認ください。

歯科医師としての新たな可能性を発見できることをお約束いたします。

できるだけ短くわかりやすくまとめてお伝えしますので、どうか最後までお付き合いください。

さて、まずはご挨拶をさせてください。
私は、中目黒コヤス歯科院長の小安正洋と申します。

MASAHIRO KOYASU PROFILE
小安 正洋

中目黒コヤス歯科
院長 小安 正洋

プロフィール詳細を見る

■ プロフィール

中目黒コヤス歯科院長。時代の流れを的確に読み、現代ならではの経営方法を確立。その手法はSNSを使ったものだが、ノウハウがシンプル化されており、万人に真似することができる再現性も備えている。さらには、集患した患者の顧客単価をあげるコンサルトークもシステム化して、開業から短期間ながら自費率50%という業界でも異例の数字を叩き出すことに成功している人物である。

■ 経歴

2003年 昭和大学歯学部卒
2015年 博士号取得(歯学/美容歯科学)現在に至る
・厚生労働省認定臨床研修指導歯科医師
・昭和大学歯学部 歯科保存学講座 美容歯科学部門 兼任講師

■ 所属団体等

日本歯科審美学会(認定医) / 日本歯科保存学会 / 日本デジタル歯科学会 / 日本歯科理工学会 / 日本オーソモレキュラー医学会 / 国際オーソモレキュラー医学会 / 認定ONP / 日本ファンクショナルダイエット協会 / 日本顎顔面美容医療協会 / 臨床CBDオイル研究会 / 日本歯科医師会 / 東京都歯科医師会 / 目黒区歯科医師会 / NPO法人ファザーリング・ジャパン / 東京都歯科保険医協会

私は、あるものを歯科医療の現場にいち早く取り入れ、目覚しい結果を享受すると共に確かな手ごたえを実感しています。

それが、冒頭からお話している分割ポリリン酸です

私は、大学で美容歯科を専攻する傍らポリリン酸が歯科医療において、様々な可能性を秘めていることに着目し、研究を重ねてきました。

大学での研究と現場での臨床を含め10年間以上ポリリン酸に関わってきたのです。

ポリリン酸という言葉になじみの無い先生もいらっしゃるかもしれません。

ポリリン酸は、もともと人間の体内にある生体物質ですが、ポリリン酸がその鎖長によって作用が変化することを研究によって突き止め、鎖長をそろえて「分割ポリリン酸」を作り上げることに成功したのです。※製法特許取得済み

つまりは医療分野で活用するための用途別のポリリン酸ナトリウムのレシピを作り上げたようなものです。

この技術は今では外科をはじめ医療分野での応用はもちろんアンチエイジングの分野でも広く使われ始めています。

そして分割ポリリン酸は歯科医療の分野でも有効活用できるのです。

具体的には…

また、ポリリン酸自体はもともと人間の体内にあるものですので、再生医療につきものの副作用やアレルギー反応などが起こるなどのデメリットもほとんどありません。

基本的には、ほぼノーリスクだとお考え下さい。

まさにこれからの「人生100年時代」を前にして、歯科医療が出すことのできる1つの答えが分割ポリリン酸だと言っても過言ではないかもしれません。

そのため、薬用歯磨剤やマウスウォッシュ等のオーラルケア商品に対する応用はもちろんのこと、それらを効果的に用いる方法があります。

私の医院でも非常に人気があるのですが、

特に需要の大きいホワイトニングの分野において、かなりの効能を発揮することが確認され注目されています。

現在、分割ポリリン酸の技術を歯科医療に取り入れている歯科医院は日本全国に2000件ほどあるらしいですが、実際のところそのほとんどが分割ポリリン酸が持つ本来のポテンシャルを100%発揮できておらず、かなり限定的な導入に終わっています。

ハッキリ言ってしまえば、

歯科医院では分割ポリリン酸をまだまだ十分に活用できていないのです。

これは、ポリリン酸を研究してきた私からすると非常にもったいないことです。

そこで、わたしも研究してきた分割ポリリン酸をなんとかして多くの歯科医師の先生に知っていただき、一人でも多くの患者様の健康に役立てていただきたいと考えこの度、歯科医療総研さんにおいて、歯科医師の先生が正真正銘のオリジナルの情報を得て、共に研究ができる場を作らせていただく運びになりました。

それが、歯科医師のための分割ポリリン酸研究会です。

この研究会は日本初となるもので、私が日々の臨床の現場で獲得した症例や、世界各国で発表される論文など様々な情報を随時提供させていただきながら、分割ポリリン酸について共に学んでいくものです。

研究会には分割ポリリン酸の生みの親で師匠でもある柴先生も参加します

分割ポリリン酸の研究はまだまだ始まったばかりです。

では、歯科にとってどのような未来が待ち受けているのでしょうか?

すぐには想像がつきにくい先生もいらっしゃると思います。

ですが、ご安心ください。

冒頭で分割ポリリン酸の開発エピソードについてお話をさせていただきましたが、具体的なお話は分割ポリリン酸の生みの親であり私の師匠でもある、元スタンフォード大学医学部客員教授、昭和大学歯学部客員教授の柴 肇一先生にご協力いただき提供させていただきます。

柴先生をご存知ない方も多くいらっしゃるかと思いますが、柴先生は、ポリリン酸の医療分野での活用を目指し、 当時はまだまだ研究の進んでいない、つまりは誰の足跡もない未知への挑戦を行いました。

そして、世界で誰も成し遂げていない研究を成功させることになります。

柴先生は、ポリリン酸がその鎖長によって作用が変化することを研究によって突き止め、鎖長をそろえて「分割ポリリン酸」を作り上げたのです。※製法特許取得済み

分割ポリリン酸について学ぶのであれば、この方以上に詳しくお話をしていただける方はいませんので、分割ポリリン酸の生みの親である柴 肇一先生にも、当研究会において広く有益な情報提供を行っていただくことをお願いし、ご快諾いただいております。

TOSHIKAZU SHIBA PROFILE
柴 肇一

元スタンフォード大学医学部客員教授
昭和大学歯学部客員教授
柴 肇一

プロフィール詳細を見る

■ プロフィール

大阪大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)後、スタンフォード大学医学部生化学科のに博士研究員として留学し、1995年より北海道大学大学院工学研究科助教授として、ポリリン酸の生理機能研究を進めた。
2004年に大学発ベンチャーとしてリジェンティス株式会社を設立し、現在、代表取締役を務めている。2015年より3年間スタンフォード大学医学部客員教授、現在、昭和大学歯学部客員教授も兼任している。

■ 受賞歴

第5回バイオビジネスコンペJAPANにおいて優秀賞、TAMAビジネスプランコンテスト2007で関東経済産業局長賞、第6回日本バイオベンチャー大賞(2009年)でフジサンケイビジネスアイ賞、第7回多摩ブルー・グリーン賞(2009年)で優秀賞及び特別賞、JAPAN Venture Award 2011で大学発ベンチャー賞、第26回優良企業表彰制度で最優秀新興企業賞(2013年)

分割ポリリン酸の生みの親であり、世界中探しても柴先生以上にポリリン酸を理解してる先生はいません。

研究者として生物学、医学にも精通し、あらゆる疑問に対してもエビデンスベースで様々なヒントをいただけるので、日頃から私もとても勉強させていただいています。

ですので、柴先生から正しい情報を直接受け取り、信頼できる製品を使うことができることは、歯科医療を担う人間として非常に幸せなことであり、大きなメリットであると思います。

こういった意味でも、他の方にはマネのできない研究会である思っていただいて結構です。

photo

柴先生はポリリン酸の生体内での機能解明を目指し、当時はまだまだ研究の進んでいない、つまりは誰の足跡もない未知への挑戦をしていました。

それが冒頭より説明している分割ポリリン酸なのです。

分割ポリリン酸は、再生医療研究ををはじめ様々な分野での応用が期待できるばかりか、生体物質ということもあり、体に悪影響を与えることもほとんど無いなど非常に有益なものです。

しかし、残念なことに歯科の先生方に間違った情報や、ポリリン酸配合といいながら三リン酸5ナトリウムなどを使用し、期待された効果の低い商品が出回っていることも確認しています。

こういった画期的な技術にいち早く目をつけて、医師や患者様を食い物にしている業者も少なからず存在しています。

これは、歯科医師の先生にもっと正しい情報提供と具体的名活用方法などが伝わっていない点が大きな問題であると考えています。

今回は、ポリリン酸研究のパイオニアである柴先生にもご協力いただき、

セミナーや懇親会などの機会を通じて分割ポリリン酸に関する最新・最良の世界の基礎研究情報を随時提供させていただきます。

しかしながら、分割ポリリン酸の技術を歯科医療に応用した場合に具体的にどういった可能性が開けるのか?

具体的なイメージがつきにくい先生もいらっしゃると思います。

ですが、ご安心ください。

冒頭ではほとんどの歯科医院が分割ポリリン酸の正しい導入をできていないというお話しをしましたが、正しく分割ポリリン酸を医療の現場で活用することができ、きちんと成果を挙げることは可能だと私は考えます。

実は柴先生と私は古い仲でずっと前から歯科の現場で分割ポリリン酸を正しく活用することを目指して研究を重ね、私はそれを実践しながら、全国の院長先生の道しるべとなるべく実績を作るべく知見を深めてまいりました。

  そう、このような場が作られた時の為に何年も前からずっとです

つまりこれまで長い年月をかけて準備を重ねてきたことが、ようやく花ひらくことになるのだと大変ワクワクしております。

なぜ研究会で継続的な研究をしていく必要があるのか?

ここまでお話を聞いていただいて、「1、2回セミナーやってもらって教えてくれればそれで充分だよ」と思った先生もいらっしゃるかと思います。

しかし、継続学習を必要とする研究学会を発足したのには訳があります。

実は分割ポリリン酸にはまだまだ医療分野で活用できる可能性があります。

また今後、既存の医療や技術と新たなシナジーが生まれたりすることも大いに考えられるために、分割ポリリン酸以外の情報も常に必要になってきます。

何よりも研究は従事者が多いほうが加速しますし、楽しくモチベーションも上がります。

ですので、できるだけ志の高い歯科医師の先生と長期的な研究などもしていきたいと思っています。

もちろん、研究会に入会していただいた方には、具体的なメリットを感じていただけるようにしたいと思っております。

それは、分割ポリリン酸が配合されたオーラルケア商品を研究会員の先生には優先的に手に入れていただける機会を作りたいと考えています。

もちろん、押し売りをするつもりはないのであくまでもご希望の方にはというところです。

また、年間会員にお申し込みいただいた方にはこの研究会の会員証をお送りせていただきます。

ここまで、私のお話を聞いていただきましたがいかがでしたでしょうか。

とはいっても、いきなりこの研究会に参加するというのはとてもハードルの高いことだと思います。

もちろん、分割ポリリン酸のことや私のこと、柴先生のことを知っていただくためには実際にお会いしてお話をさせていただくことが一番かとは思いますので…

セミナーや勉強会など、直接お会いしてディスカッションをしたりできる機会を設けていきたいと思っています。

柴先生は分割ポリリン酸の産みの親であり、世界中探しても柴先生以上にポリリン酸を理解している先生はいません。

研究者として生物学、医学にも精通し、あらゆる疑問に対してもエビデンスベースで様々なヒントをいただけるので、毎回私もとても勉強させていただいています。

ですので、柴先生から正しい情報を直接受け取り、信頼できる製品を使うことができることは、歯科医療を担う人間として非常に幸せなことであり、大きなメリットであると思います。

私も、皆さんと同じ歯科医院経営者の一人として、日々臨床に経営にと知見を深めておりますので、私が培ったノウハウなども惜しみなくどんどん提供させていただきたいと思います。

私も柴先生も、皆さんに正しい情報をお伝えすることが使命のひとつだと考えていますし、価値ある本物の商品を提供させていただきたいと思っています。

そして、私自身これからも歯科医院経営者としてはもちろん、分割ポリリン酸においても皆さんと共にますます研究を続け成長していきたいと思っています。

この研究会を通じて、分割ポリリン酸の研究・開発が皆さんと共に進んでいくと信じています。

そしてそれは、分割ポリリン酸研究会でのみ実現いたします。

ぜひ皆さんと色々とディスカッションなどしながら研究学会を進めていくことができることを楽しみにしております。

分割ポリリン酸研究会の目的

分割ポリリン酸の研究に長年従事されてきた小安正洋先生、分割ポリリン酸の生みの親である柴肇一先生に全面的にご協力をいただき、益々注目の高まる「分割ポリリン酸」について、最新・最良の情報を楽しみながら学ぶと共に、きちんと歯科医院経営の現場で活用することで、患者様の口腔内のみならず、全身の健康を守り、育むことのできる歯科医院を会員の先生と共に作っていくことを目指します。

分割ポリリン酸研究会のメリット

分割ポリリン酸研究会の提供サービス

分割ポリリン酸研究会の費用

入会特典

ご注意

分割ポリリン酸研究会は歯科医師の先生のみがご入会いただけます。

情報収集目的の業者の方や、歯科医師免許のない方(歯科衛生士、歯科助手等スタッフの方個人の入会も含む)のご入会はご遠慮いただいております。
※医院に在籍確認をさせていただく場合がございます。

歯科医師の先生がより深く研究できる場とさせていただくため何卒ご理解いただければと思います。

どうか当研究会は歯科医師が愚直に歯科医療の可能性を追求していくことを目的とした会とさせてください。

まだ分割ポリリン酸を導入し活用できていない医院がほとんどの状態ですので…

今であれば確実に先行者利益を得ることができます。

この場合の利益というのは単に医院経営に対してだけでなく、あなたのクリニックに通っている患者様にも健康面において多大なる利益が発生するということです。

分割ポリリン酸の歯科導入にはそういった力が確実にあります。

「このクリニックに通っていて本当によかった」と患者様に心から思っていただくことができたら医療人としてお金などとは比べられないくらいの幸せですよね。

是非とも私と一緒に研究会に参加をしていき、医療人として胸を張ることのできる歯科医療を提供していきましょう。

私からのお手紙を最後までお読みいただきありがとうございました。

小安 正洋

Q&A

Q.
誰でも参加できますか?
A.
申し訳ございません。『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』にお申込みいただけるのは、歯科医師の先生のみです。『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』での学びを活かして実際に患者様に生かしていただきたいと考えておりますので、歯科衛生士や歯科助手、受付の方に学んでいただくためのコンテンツも提供させていただく予定でおりますのでご期待ください。
Q.
返金制度はありますか?
A.
申し訳ございません。『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』の活動及び考え方が、必ずしもすべての人にマッチするとは言えません。そのため内容をよくお読みいただき、『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』の主旨をあらかじめご理解頂いた上で、お申し込み下さいますようお願い致します。
Q.
入会金の分割払いはできますか?
A.
申し訳ございません、入会金は一括払いのみでのご案内となっております。
Q.
クレジットカード以外の支払いはできますか?
A.
申し訳ございませんが、クレジットカードでの決済をお願いしております。
Q.
領収書をお願いしたいのですが…
A.
申し訳ございません。弊社では原則と致しまして領収書の発行はしておりません。クレジットカードの明細書がカード会社より発行されますので、こちらが領収書の代わりとなります。担当の税務会計士がおられる場合、別途、注文完了時に届きます、「注文完了メール」を添えて、税務会計士にご提出いただければと思います。
Q.
申し込み後の、途中退会はできるのでしょうか?
A.
年間会員は、12ヶ月が過ぎるまで途中退会はできませんので、お申込みされる前に、内容をしっかりと確認の上、ご理解の上で参加されることを決定してください。月間会員の方は、毎月25日までに退会の旨をメールにてご連絡いただければ、こちらで退会手続きを行います。また、その際必ず、お名前と医院名を明記してくださいますようお願いします。退会の手続きが終わり次第、メールにてお知らせ致します。その後、再度『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』へ入会の際は、新規入会金が必要になりますので、あらかじめご了承ください。
Q.
個人情報をインターネット上で登録するのは少し不安です…
A.
当申し込みページでは、SSL(Secure Socket Layer)を導入しております。SSLとは、ご登録いただいた個人情報を暗号化させ、情報の漏えいを防ぐシステムです。よって、こちらのページから情報が流出するということはございませんので、ご安心くださいませ。
Q.
年間会員への入会を検討しています。更新はどのように行うのでしょうか?
A.
年度更新につきましては、自動更新とさせていただいており、更新のご案内は行っておりません。退会ご希望のお客様は更新月の20日までに事務局までご連絡くださいませ。
Q.
クレジットカードの明細書に「株式会社ペイフォワード」とあるのですが、これは何でしょうか?
A.
困惑をさせてしまい、大変申し訳ございません。こちらは『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』の運営会社となります。形式上、運営会社の名前で明細には記載をさせていただいております。『歯科医師のための分割ポリリン酸 研究会』と認識いただければ幸いでございます。ご理解の程よろしくお願い致します。

月額会員15,000円の月間会員のお申込みはこちら

年額会員160,000円の年間会員のお申込みはこちら

インフォメーション

『歯科医師のための分割ポリリン酸研究会』へのご質問は下記までお願いします。

TEL : 03-5295-5629 FAX : 03-3526-2310
E-mail : support@polyp-sg.com

歯科医療総研『歯科医師のための分割ポリリン酸研究会』運営担当宛て
受付時間 : 10:00 ~ 17:00(土日祝を除く)

Copyright (c) 歯科医療総研 All Rights Reserved.

PAGE TOP